クラウドファンディングって何だろう??【信頼をお金に換えるツールです】

クラウドファンディングって何だろう??【信頼をお金に換えるツールです】



テックス君

うーん・・・やりたいことがあるけど。資金が足りない!!



にゃんこ先生

なら・・・クラファンやってみたら??



テックス君

やってみたいけど、よくわかんない!



にゃんこ先生

おっけい。じゃあ今日はクラファンについてお話しよう!





「あなたにとってクラウドファンディングってどんなイメージですか?」



お金を集めるツール?

やりたいことをプレゼンする場所?

なんか有名人がお金を集めている?


いろいろあると思いますが、どれも見えている一部分にしかすぎません。
クラウドファンディング(以下クラファン)とは、



信頼をお金に換えるツール


です(/・ω・)/
実際に僕がクラファンをやってみて、お伝えできることをまとめました。




クラファンって何だろう??





クラファンをお金を集めるツールと思っている方結構多いですが、厳密には違います。


資金集め<マーケティングツール


の意味合いが強いです。


クラファン=インターネットを通して不特定多数から、お金を集めること。


という認識が世間的には強いですが、そうじゃない。
なぜそう言えるのかを見ていきましょう(*‘ω‘ *)


事例1

ある商品開発をしていた民間企業さんがクラファンを活用していました。
目標金額日程を設定してプロジェクトを公開!

画期的なアイディアで注目が集まります。


しかし。これだけでは終わらなかった!


プロジェクトに目を付けたもっとでかい有名企業さんがその案件を専売で売らしてほしいと交渉の話がきたのです。
そしてそのまま契約が決定。
こんな繋がりもあるんですね(; ・`д・´)


事例2

こちらも同じ感じなのですが、ある商品の開発費用をクラファンを通して集めようとしていました。
オーナーさんの頑張りが実り期間内に見事お金を集めることができました。

そしたらその後に、なんと某有名デパートの目に留まり、その商品をそのデパートにおいて販売することが決まったそうな。

これも事実です。


 事例3

『成功しているやつしか事例はないのか...』

『やっぱり企業しか無理なんじゃない?』

『どうせ有名な人がやっていたんでしょ?』


そんなこともないんです。
過去2回クラファンで失敗しているプロジェクトがありました。

それがこちらのプロジェクト。


『年貢を納めて村民に?!シェアビレッジ町村、村民1,000人募集します。』


1回目、2回目と全然資金が集まらなかった。
でもやっていくうちに内容がブラッシュアップされて、知名度がすこしずつ上がり、パワーアップして帰ってきた3回目のプロジェクトで見事目標金額クリア!

さらに、一緒にやりたい!という人も出てきたそうな(-ω-)/

こんな感じで何回もチャレンジしてプロジェクトが広まる場合もあります!
ちなみにこの方。その後もう一度クラファンをやっており、そちらも成功しています( ゚Д゚)


第二弾!年貢を納めて村民に?!シェアビレッジが西日本進出。新村は潮風香る陸の孤島





マーケティングツールの意味は?





テックス君

マーケティングツールについて詳しく教えて!



にゃんこ先生

おけ、詳しく見ていこう!





先ほども話したようにクラファンは資金集めというよりマーケティングツールとしての意味合いが強いです。

実際に上で述べていたことは事実です。
結果的に、


スポンサーが見つかる

販売先と契約が取れる

村民が集まる


という所に行きつきました。
それがなぜできるのかを下の図で説明します!





この図はある商品を企画してから販売、その後までの流れを示しています。
左側が一般的な流れ、右側がクラファンを用いた流れです。

見てわかるように、クラファンではそれを実施することで

『市場調査・営業・広報』

という部分がカバー出来てしまうんです!!


市場調査

この商品が世に出た時にどんなものが世間は求めているのかを把握できます。

ここでは述べませんが、クラファンにはリターンというものが存在します。
簡単に言えば支援してくれた人に対するお礼のことです。

このリターンを使って市場調査ができます。


例えば、新商品として作りたい掃除機がある。
色は白・黒・黄色・青色を用意。

リターンに支援してくれた人にはどれか好きな色をプレゼント!

とすれば、『支援してくれる=世間が求めている色』がわかるわけです。


こんな感じで市場調査ができてしまいます( ゚Д゚)


営業

なんと営業もできてしまうのがクラファンです。

クラファンを見ているのは一般の方ばかりではないということです。
プロジェクトを見ているのは、民間企業の方が見ていたり、研究機関の方が見ていたりと様々です。

ある電動自転車をを開発した人は、そのプロジェクトが大手メーカーの目に留まり、その案件ごと事業提携が決まって全米で販売するところまで行ってしまった件もあります。


広報

そして最後に広報としての役割もあります。


『市場調査とか、営業とかそこまでのものは求めていない』


という人でも、これからやることを世間に知ってもらいたいという人は多いはず。
それができてしまうのがクラファンです。

自分のプロジェクトが公開された時点で


『こういうことをこれからやるよ!』


ということが宣伝として流れることになります。
つまり自分のやっていることを知ってもらう機会が増えるということです。

もし自分が何かをやろうとするときに取る手段は??


・twitter

・Facebook

・Instaglam

・口コミ


そこに一つ仲間入りです(*‘ω‘ *)



クラファンを成功させるには??





テックス君

マーケティングツールというのはわかったよー!




にゃんこ先生

ならどうすれば成功できるのか見ていこうか!



クラファンがマーケティングツールだ!

というのはなんとなくわかったと思います。


でも。


『じゃあ早速始めよう!』とするのはまだ早いです(;・∀・)


始める前にやらないといけないことがあります。
それは・・・


自分がなぜそのプロジェクトをやりたいのか


という想いの部分を明確にすることです。


このためにやりたい!


って想いは必ず自分の中にあると思うんです。
その想いに人は動かされて行動に移して、人もお金は集まってきます。

まずは自分がなぜこのプロジェクトをしたいのか。を明確にしましょう!!

クラファンをやって成功するのは大きく分けて2つのパターンです。


① 企画内容がめちゃんこ面白い

② みんなから応援される内容


このどっちか。
①はできたらすごくいいですが、たぶんできる方は限られてくるでしょう。
なので、目指すは②の方です。

この人を応援したい!!

ってなる内容にしていきましょう。

勘がいい方なら気づいたかもしれません。
みんなに応援される内容ってその人がなんでやりたいか明確になってないとできないんです。


『ただ、なんとなくお金が欲しい。』


じゃ、集まりません。

想いを明確にして、だれにでも同じことが言えるようにしていきましょう!!

ここまできたらようやく、


クラファンスタートです!!!



ライザップ



まとめ





みなさんの中でのクラファンのイメージは変わりましたか??

今回は本当に触りの部分。
クラファンはどういったものなんだろう??

という所をお伝えしました。

答えは


『信頼をお金に換えるツールであり、その中でもマーケティングツールとしての意味合いが強い』


です。

自分のやりたいことが明確に相手に伝えられて、それを本気でやりたいと思えば信頼されます。
その想いが人を動かしマーケティングに繋がり、やがて最終的にお金へとつながるのです(*‘ω‘ *)

今もし、クラファンをやろうと考えているなら、今一度自分の想いを自分に問いてみるのもありかもしれません。

ではでは今日はこの辺りであでゆー(-ω-)/

クラウドファンディングカテゴリの最新記事