経団連が就活ルールを変更!これから変わる【3つの常識】

  • 2020.01.27
  • 2020.01.28
  • 経済
経団連が就活ルールを変更!これから変わる【3つの常識】

 

 

たかやん

にゃんこ先生!!就活ルール変わるの??

 

 

にゃんこ先生

そうだよ!経団連から発表があったね。

 

 

たかやん

え。じゃあこれから日本はどうなってしまうの?

 

 

にゃんこ先生

個々の力が求められる時代に変わるだろうね~

 

 

先日21日。経団連から『日本特有の現在の雇用形態を見直す』と正式に発表されました。

 

戦後から今までずっと続いてきた、日本独特ともいえる今の就活制度。

では何がどう変わり、これから日本の社会とどう向き合っていけばいいのか。

 

お伝えします。

 

 

得られるもの① 経団連が発表した3つの就活ルール

② これからの時代に必要なこと

 

 

Advertisement

経団連が就活ルールを変更!これから変わる【3つの常識】

 

 

まず新たな就活の方針を話す前に、そもそも経団連とは何なのか?について軽く触れておきましょう。

 

 

経団連とは?日本の大手企業の社員を中心に構成されている、『財界総本山』とも称されている団体。

日本の経済界のみならず、世界にも大きな発言力を持っている。

 

 

要するに日本の経済界に声出しができるほど、大きな力をもった団体さんということです。

 

経団連は日本の経済を発展させようと、各企業の経営者さんの意見の取りまとめたり、関係する方々(政治・行政や労働組合等)と話しあったり、各国の経済団体や国際機関と調整を行ったりしています。

 

そして、その経団連から、日本の今後の社会情勢について物言いが一言入ったということです。

 

 

① 新卒一括採用の廃止

② 終身雇用の終焉

③ 年功型賃金の廃止

 

それがこちらの3つです。

 

① 新卒一括採用の廃止

 

まず大学や高校において最終学年になったら、ほぼ全員が行っていた『就職する。』という常識が変わります。

今までは就活生は新卒で一括採用が当たり前でしたが、その一括採用が無くなっていきます。

 

第二新卒採用や中途採用にも力を入れていき、通年採用を今後、取り入れる企業が増えていくでしょう。

 

 

 

 

② 終身雇用の終焉

 

これはトヨタの豊田章男社長がおしゃっていたので、記憶に新しい方もいるかと思います。

 

ひと昔前であれば一つの会社に入れば定年退職するまで安泰という世の中でしたが、世界情勢や目まぐるしく変わる今の日本経済を理由に、本格的に廃止に向かっています。

 

③ 年功型賃金の廃止

 

そして長らく年功序列を採用していた、日本の企業も重い腰を上げました。

今まであれば歳を重ねるごとに昇給していましたが、これからの時代は能力がある人がお金をもらう世界に変わっていきます。

 

成果を上げた人や貢献度合いが大きい人が稼ぐ時代へとシフトします。

 

 

なぜこのタイミングで発表したのか?

 

 

では、なぜこのタイミングで経団連は就活の新ルールを立てたのでしょうか?

 

それは、日本独自の雇用システムが世界の社会の常識とかけ離されすぎたからです。

 

基本的に海外では、

 

 

・学校卒業したらすぐに就職

・年功序列で給料が上がる

・一つの会社にずっといる

 

 

この3つの考え方はありません。

 

日本独自の就活ルール

 

高校や大学等を卒業したら就職しなければならないルールは海外ではないといってもいいくらいです。

大学卒業後、就職せずに、自分のやりたいことをやる!という人も一定数います。

 

さらに終身雇用もないので、海外では自分の生活スタイルややりたいことなどを理由にバンバン転職します。

10回以上転職しているという人もざらにいます。

 

さらに、定年に近い人ほど給料が上がることも海外では考えられないことです。

 

資格を持っていたり、実績があれば即採用。ポストを与えられたりすることもあるくらいです。

 

このように世界と、日本の差がどんどん開いていき、

 

 

・超少子高齢化

・グローバル化

 

 

の波も受けて、ようやく日本の企業も重い腰をあげて、就活ルールの見直しへ繋がりました。

 

 

今後の日本経済

 

 

経団連の発表を踏まえて今後の日本はどんどん、フリーランス化や転職が当たり前の世界になります。

その一番の理由として、能力が評価される世界になっていくからです。

 

自分のスキルに見合った正当な金額をもらうことが今後、当たり前になります。

 

逆を言えば、能力がない人は稼げなくなり、給料の差がどんどん大きくなります。

 

で、あれば。『今の自分が他の人に負けないものは何か?』

これなら絶対他の人に負けない!というものが1つあると、今後困らなくなるでしょう。

 

 

 

Advertisement

まとめ

 

 

今回は経団連が発表した3つのことについて解説しました。

 

終身雇用の崩壊を皮切りに今後数年たったら、今とは全く別の日本になるでしょう。

 

この会社にいれば、もうOK!というのは確実になくなり、企業からもあなた自身何ができるのか?

という視点でみられる時代に変わります。

 

でも焦る必要はありません。

今それに気づいたのなら、準備すればいいだけ。

 

・自分の強みは何なのか?

・これからどんな生活を送りたいのか?

 

この2つを真剣に考えてみてもいいかもしれませんね。

 

ではでは今回はこのへんであでゆ(/・ω・)/


経済カテゴリの最新記事