自分の個性を生かす戦い方

自分の個性を生かす戦い方



テックス君
んー。んー。あーでもない。こーでもない。



にゃんこ先生

どうしたの??テックス君



テックス君
なんか人と被るのが嫌で自分だけの武器を探しています!



にゃんこ先生

いい気づきだね。今日は自分だけの個性について教えようか!



以前、とある飲み会にて経営者の方々とお話する機会がありました。
その中の一人に、車のレンタカー業をされている方がいらっしゃいました。
そこまで聞けば

『あー、レンタカー屋さんね』

で終わるのですが、扱っている車種がスーパーカー限定。
車好きの僕としてはとってもお近づきになりたい人だったのですが、
重要なのはそこじゃなくて、数あるレンタカー屋さんの中から路線変更してスーパーカー限定のレンタカー屋さんにしたこと。
聴いてすごい衝撃的なことだったのを覚えています。
扱う車両はフェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどの1台1000万はあたりまえ、中には4000万を超える車を時間貸ししていました。
普通のレンタカーではないので集客とかもすごく大変ではないかと思いましたが、企業さんとのタイアップとか雑誌に載ったり・個人で借りる方もいて、経営は順調そのものでした。そこで気になったのが

なぜ、その路線でいこうと思ったのか??

そこで思い切って質問したら。

『車が好きだから』

という答えが返ってきました。あ、なるほど。納得しました。
前置きが長くなりましたが、今日は自分の個性を生かして戦う方法をお伝えします。





同じ土俵だったら個人は大手には勝てない





以前、堀江貴文さんがおっしゃっていた言葉があります。


数と人の能力が同じなら、最終的に宣伝力と知名度が高い方が勝つ。


知名度や宣伝力では、大手にはどうあがいても勝てない。
ならどうすればいいか。

他で勝つしかないですよね。
同じ土俵ではなく別の土俵に勝負を移して、自分が戦いやすい場所で勝負すればいいわけです。


じゃあどの土俵で戦うか?

それは自分の強みを生かせる土俵です。



自分の強みを理解する





まずは自分の強みを把握しましょう。

・車が誰よりもすきだ!
・雑学ならだれにも負けないぞ!
・継続力なら自信がある!

なんでもいいです。こんなものでもいいのか??

いいです。

それこそ、『睡眠時間ならだれにも負けない!』

こんなものでもいいです。どんどん出しましょう。

出せるだけ出せば、自分の現状を知れます。

逆に弱みは出しません。
弱みを知っておいた方がいいですが、ここでは必要ありません。

強みを出してみると案外いろんな強みが自分にはあるんだって気づくと思います。

それを使って次のステップです。



やっていることに+α





先ほど出した強みを今、自分がやっていることにプラスします。

そうすると、同じ土俵から少しずれて自分の土俵を作ることができるのです。
それこそ先ほどの話を引っ張てくるのなら、


レンタカー屋×スーパーカー

その人は車に対する愛情ならだれにも負けないという強みを生かしてこの方法を思いついたようです。

そして、組み合わせた。


組み合わせたら自分だけの武器になります。
それは他の人には真似できない自分だけの武器です。
そうはいってもそれだけじゃなかなか戦っていけないのがこの世の中。
そこでさらにあるものをプラスします。



既存のものにプラス1ポイントしてみる





自分の強みがわかった。
今やっていることを強みを生かして勝負する!

これでいけるか。

答えはまだまだNoです。
さらにテコ入れを一つします。
それが、既存のものにちょこっとプラス1ポイントしてみるというものです。

具体的にはこんな感じ。

既存のもの×自分の強み×プラス1ポイント

これで完成形です。

マラソンにインスタの写真映えを狙ってできたのが
バブルラン。

マラソン×イベント×インスタ映え

です。


あくまでもこれは一例ですが、ここまでできたら個性がぎゃんぎゃんに輝きます。

それこそ、おおきな相手にも戦える武器になります。

あとはそれを極めてしまえばおっけいです。


まとめ


現在、自分がやっていることが悪いというわけではありません。
でも今は『だれでもいい』という時代に移ってきている。
そんなときに自分だけの武器を持っている人はとても強い。

それは自分のかわりとなる人が存在しなくなるから。

さらに自分だけの武器があれば、プライベートでも重宝される存在となる。

今やっていること×自分の強み×プラス1ポイント

一度自分だけのオリジナリティはなにか。
考えてみてはどうだろうか??


ではでは今回はこの辺りであでゆー(/・ω・)/

仕事の考え方カテゴリの最新記事