アフィリエイトをブログでちゃんと収益化する方法

アフィリエイトをブログでちゃんと収益化する方法

 

 

たかやん

なかなかアフィリエイトが売れない・・・

 

 

にゃんこ先生

記事ごとに役割分担はしてるかい?

 

 

たかやん

え、してないよ?

 

 

にゃんこ先生

集客ページと収益化ページは分けて書かないと収益化は難しいよ。

 

 

ブログ書いていても、なかなか売れない商品たち。

 

ブログは毎日更新しているし、内容も悪くない・・・

自分のセンスがないのかな・・・

 

こんなこと思うことありませんか?

 

それってセンスではなく、ページ構造に課題があるんです。

 

 

得られるもの① アフィリエイトを売るために必要な知識

② 集客記事と収益化記事の作り方

 

 

Advertisement

アフィリエイトをブログでちゃんと収益化する方法

 

 

アフィリエイトをちゃんと収益化させられるかどうかは、ブログのページ構造に『キモ』があります。

 

そのキモとは、集客記事と収益化記事をしっかり分けて考えることです。

 

ブログを書く時に、なんでもかんでも全ての記事にアフィリエイト貼っちゃってませんか??

 

それだと、あまり意味がありません。

 

 

 

集客記事とはなにか?

 

そもそも集客記事とはなんなのか?

その名の通り、人を集めるための記事を指します。

 

自分が気になっているキーワードで検索をかけてきた人が、まず初めに飛んでくるページと考えてもらってOKです。

 

なので、専門用語はできる限りNG。

入口を広げておきましょう。

 

 

自分が売りたい商品の詳しい情報を記事にリンクして次のステップに誘導すること

 

 

これが始めのページでやることです。実際の流れの一部を紹介します。

 

 

集客の流れ① プログラミングで稼げるのか?

② どんな種類のプログラミングがあるのか?

③ どのプログラミング言語がいいのか?

 

 

例えば、『プログラミング 稼ぐ』という検索をかけてくる大半の人は、本当にプログラミングで稼げるのか?という問題を解決したくて行動しています。

 

であれば、その回答をまず明らかにし、ユーザーがその先に何を知りたいかを予測し、次の記事に誘導します。

 

こちら側がその先の記事を先に用意しておくことで、ユーザーの検索意図をしっかりくみ取ることができるし、次の消費行動のステップに移せるわけです。

 

収益化記事とはなにか?

 

収益化記事とは集客記事から飛んできた人が実際に商品を購入するページになります。

ここまでに興味付けされていれば商品は購入されていきますし、違うなぁと思われたら離脱していきます。

 

実際の流れの例を見てみましょう。

 

 

プログラミングを始めたい!① それぞれの会社は何が違うのか?

② どこの会社がコスパがいいのか?

③ 実際にプログラミングを始めたらどう学べばいいの?

 

 

やはり、商品を購入しようと決断したユーザーが初めに思うことは、

 

 

・どこの製品が品質がいいのか?

・どこの商品が自分にとってコスパがいいのか?

 

 

この2つです。その答えを記事で用意しておきましょう。

 

そして忘れがちなのが、最後のフォロー。

 

実際に商品を購入した後の注意点とか使い方までフォローできていると、ユーザーも安心して購入後も使用を続けることができます。

 

 

実際の販売までの流れ

 

 

ここまでで『集客ページ』と『収益化ページ』が理解が深まったら、記事を実際にどうやって書いたらいいのか?と疑問に湧いてきます。。

 

例えば、ブログで収益化した人向けに情報を発信するなら・・・

 

 

① ブログで収益化できるのか?

② おすすめのブログはどこか?

③ 実際の始め方はどうすればいいか?

④ 収益化するために必要なものは何か?

⑤ 必要なものはどこで手に入るのか?【買い方】

⑥ 実際のブログの書き方はどうすればいいか?

⑦ 収益化を伸ばす方法はどこにあるのか?

 

 

こんなかんじです。

人によって若干のバランスは違いますが、①~④が集客ページ。⑤~⑦が収益化ページです。

 

実際にいろんな記事を僕も見てきましたが、販売だけしてその後のフォローがまったくないサイトが意外と多く、もったいないなぁと感じるものです。

 

逆にフォローが手厚いサイトはそれだけで信頼に繋がりますし、ユーザーの検索意図を捉えていると言っていいでしょう。

 

 

記事を書く上で注意するポイント

 

 

『よし、記事の流れはわかった!』

 

と。ここでさっそく記事を書き始めてしまうと、落とし穴にはまります。

 

何故なら、相手のことをしっかり考えて記事作成しているか?どうかを確認していないからです。

 

集客ページと収益化ページをうまく作ることはとても大切ですが、どの目線で書くか?これもとても重要になってきます。

 

 

ここがポイント!とことん、相手がどんな悩みを抱えているか?考えぬく

 

 

基本的にブログを見に来る人は、何かしら悩みを抱えており、それを解決するためにきます。

 

このブログでも『検索意図』という言葉を使っていますが、自分の記事がちゃんとユーザーの検索意図を捉えているか?吟味しましょう。

 

・悩み解決 ⇒ 次の消費行動
・悩み解決にならない ⇒ 離脱

 

このようにユーザーの行動は繋がっていきます。

 

なので逆に考えることによって、自分が対象となる人の悩みはなんだろう?

何を問題解決したんだろう?

 

と考えるとその問題解決までの流れはできやすいかもしれません。

 

 

 

Advertisement

まとめ

 

 

今回はアフィリエイトを実際に収益化するための方法について触れました。

 

ブログを始めてみて、ある程度時間が経っているのに、なかなか自分の記事からアフィリエイト収益が発しないという時はもしかしたら、サイト全体の構成に課題点があるかもしれません。
 

ブログを書く時の記事構成で意識することは2つ。

 

 

・集客記事と収益化記事のバランス
・検索意図を捉えているか?

 

 

が明確かどうかです。

 

実際にこの2つを意識して作った記事とそうでない記事ではアクセス数に雲泥の差があります。

ぜひ、記事構成の参考にしてみてください!

 

ではでは今回はこの辺りであでゆー(/・ω・)/


ブログの作り方カテゴリの最新記事