ワードプレスの始め方【全然難しくない!】

ワードプレスの始め方【全然難しくない!】

 

テックス君

今日は続いてワードプレスの使い方を解説していくよ!

 

 

にゃんこ先生

みんなの中では、ワードプレスは難しいってイメージなのかな?

 

 

テックス君

なんか、ブログガチ勢が使ってるってイメージ。

 

 

にゃんこ先生

本気で取り組んでいる人は多いかな。でも大丈夫!誰でもできるからね!

 

 

みなさんはワードプレスって聴いてどんなイメージですか??


『使ってみたいけど、どうなんだろ。』

『なんかガチ勢が使っているイメージ。』

『かっこいいページが多い。』

『よくわからん!』


こんなところの意見が多いのではないでしょうか??

・始めてみたいけど、どうやって始めるんだろう。
・自分でもできるかな。


そんな方に向けて今日は解説していきます!!
この記事はブログ収益化第二弾の記事です。第一弾をまだ見てない方はメニューから①を選択してください(/・ω・)/

では、どうぞ。

 

 

得られるもの

① ワードプレスの始め方

② ワードプレス立ち上げに必要な設定方法(サーバー・ドメイン含む)

 

 

ワードプレスの始め方

 

 

結論を先に言います。
ワードプレスを始めるのはいくつか工程があるのでぶっちゃけめんどくさいです。

『え・・・』

とはいっても、そんなに難しい作業はありません。
他のブログを開設するのに比べて自分で用意しないといけないものが多いだけで、作業自体は淡々と進めることができます。

 

【ワードプレスを始めるために必要なこと】

 

① 独自ドメインを取得する

② レンタルサーバーを契約する

③ ワードプレスのインストール

④ テーマの購入

⑤ 各種設定

 

全体像はこんな感じです。

それでは順番に見えていきましょう。

 

①独自ドメインを取得する

 

 

まずは独自ドメインを取得します。

ドメインというのはネット上で自分の住所を表すものです。
自分の家にも住所はありますよね?

ネット上でも、同じように自分のサイトの場所を表す住所を取得しなければなりません。

その、自分だけのオリジナル住所のことを『独自ドメイン』といいます。


ワードプレスでは独自ドメインを勝手には配布してくれないので、自分でドメインを買ってこないといけません。(収益化を狙っているなら、なおさら必須です。)
ドメイン発行しているところはいくつもあるので、


『どこで買えばいいの?高いの?』


という話になるのですが・・・

僕は『お名前.com』でいいかなと思います。
GMOが運営しているので信頼性もあります。

 

追記:今までは『お名前.com』をおすすめしていましたが、ConoHa WINGがおすすめです。

 

理由は2つで、  

ここがポイント!・レンタルサーバーと一緒に契約すれば、ドメイン代永久無料
・設定がとても簡単

 

特にこだわりなければ、ConoHa WINGでレンタルサーバーと一緒に購入しちゃいましょう。

 

ここで説明しなくてもわかるぐらい、簡単操作でドメインが取得できます。

 

 

ここから先、お名前.comのお話は飛ばしてもらって構いません。

お名前.comのサイトまでいったらこんな画面になります。

 

 

まずは検索窓のところで、自分の好きなドメインを自分で作って検索します。
検索窓で入力したドメインが使用許可なら『OK!』という返事が返ってきて次の工程に進めます。
もし誰かが既にドメインを使用している場合は、『そのドメインは使用されています。』と反応が返ってきます。

ちなみに検索する範囲は

aiueo.com

というドメインを検索したい場合は、.comの前のaiueoのみを入力します。


ここで1つポイント。独自ドメインを決める時はなるべくコンパクトにしましょう。
長すぎるドメインは打ち込むときにミスが発生しやすくなりますし、打ち込みのを嫌がる人が増えます。

Yahooにせよ、googleにせよドメインはこれだけです。

 

・yahoo.co.jp

・google.com

 

僕のブログもドメインは

『takayanblog』

これだけです。これでもちょっと長いかな?って感じですw

 

ここがポイント!

独自ドメインは、なるべくシンプルに短くつくる

 

後ろのドメインを決める

 

 

 

ドメインの前部分が決まったら次は『 .com 』 等と表示している後のドメイン部分を決めていきます。

人気どころはやはり『.com』なのですが...
『.jp』とか『.net』『.org』など本当にいろん種類があります。

値段は様々で年間1円~数十万まであります。
しかし、現在のSEO的にみたらぶっちゃけどれでもいいです。
好みのものを選びましょう。

代わり種としては『.okinawa』とかいうのもあったりします。


自分でドメインが決定できたら、会員情報を入力して登録しましょう。
登録できたら、メールが届くので送付されてきたURLをクリックして認証します。
そしたら認証画面が出てきて完了になります。

ちなみに。

 

  • 情報公開代行メール転送オプション
  • ドメインプロテクション

 

というオプションがありますが、特に設定しなくていいかなと思います。
というのも、2019年7月25日から上の2つは有料オプションに切り替えられましたし、使わなくても何とかなります。

それと、『whois情報公開代行』というものもあります。
『情報公開代行メール転送オプション』と『whois情報公開代行』は別物なので注意しましょう。

『whois情報公開代行』とは、自分がドメインを取得したことを代わりに報告してくれるものです。必須でいるものですし、無料でやってくれるのでちゃんとそれができているかは確認しましょう。

お名前.comの場合はデフォルトでついているはずなので、こちらはそのままで上記2つの設定はチェックをつけずに次の工程に進みましょう。

 

ここがポイント!

①オプション設定なくてOK!

②whois情報公開代行だけ付いているか確認しよう!

 

② レンタルサーバーを契約する

 

 

自分のドメインが決まったら次は、レンタルサーバーを選びます!
これも無料ブログと大きな違いの1つなのですが、ワードプレスでは自分でサーバーを設置しなければいけません。

じゃあこれも・・・

 

『どこで購入?』

 

となるのですが、
これは『Xcerver社』から出ている『エックスサーバー』でいいかなと思います。

追記:ここもエックスサーバーよりもConoHa WINGをおすすめします。

 

理由は2つ

 

ここがポイント!・エックスサーバーより安くて、質がいい
・契約がとてもかんたん

 

エックスサーバーは初期費用3000円がかかってしまいますが、『ConoHaWing』なら、無料です。 月額900円~でき、レンタルサーバーと同じところでドメインも取得できるので、操作もとても簡単に済みます。

 

なので、レンタルサーバー項目も読み飛ばしでOKです。

 

何故ならワードプレスを使っている人の大半が使っているくらい信頼もあるし、高負荷にも耐えられるものだからです。そして、SSD対応で高速!!
ちなみに他のサーバーだと高負荷がかかった時にサーバーがすぐ落ちたり、繋がりにくくなりやすいです。
Xcerver社じゃなくて違うのがいい!って人は『MixHost社』もおススメですかね!
こっちも安定しています。

リンク張っておくのでどうぞ!

 

エックスサーバー

 

MixHost

 

そしてそして。もしも

・ワードプレスだけでこの先も運営していくぜ!
・そんなにサイト運営しないぜ!

っていう人にはワードプレス専用のサーバーがXcerverから出ているのでチェックしてみるといいかもです。
『wpX』という名前です。普通の『エックスサーバー』と違うのは、

 

1. エックスサーバーよりもさらに高速

2. 専用設計でより高負荷にも耐えられる

 

ってところですかね。

値段も変わらないので、ワードプレス1本で行くという人はこちらもいいかもです。

ちなみに初期費用だけ、若干高い。
僕も気になり一度問い合わせしてみたのですが、お決まりの、
『体感には個人差があります。』と言われました・・

リンクは下に貼っておきます。気になる人はどうぞ。

 

wpXレンタルサーバー

 

サーバーレンタル

 

では、ここまで進んだら、実際にレンタルサーバーを借りましょう。
契約完了後すぐに使うことができます。

今回は僕も使っている、エックスサーバーで説明していきますね。

サイトを開いたら、下へスクロール。

 

 

赤枠をポチっと押しましょう。

時々半額セールとかのキャンペーンもやっています。

そしたら、『新規申し込み』を押してもらって。

 

 

情報を入力していきます。
サーバーIDは適当でいいです。自分の覚えやすいものでいきましょう。
プランは『x10』で十分ですね。

月に100万PV超えるくらいまでブログが成長したら他のものにしても良さそうです。(つまり当分x10で大丈夫です。)
途中変更は可能なのでご安心ください。
選択したら、他の情報も入力していきましょう。

全ての入力が終わったら、『内容の確認』、『お申込みをする』の順番で進みます。
そしたら、メールが届くので確認してログインします。

 

 

ログインしたらこんな画面が現れるのでとりあえず支払いへと進みます。

『まだ支払いはあとでもいいじゃん!』

となりがちです。
エックスサーバーにはお試し期間があるので試してからでもいいですが、その期間を過ぎてしまうと今まで設定していた情報が消されるのでご注意を。

 

 

画面を下の方へと進むと決済関連があるので『お支払い』をクリック。

 

 

サーバーという所までスクロールしてそこにチェックを入れます。
そして、支払い方法を選択。

契約期間はいくつか選べられます。
もちろん長期契約にした方が1か月あたりの値段は抑えられます。

そこまでできたら後は内容確認して登録すれば完了です。

 

サーバー設定

 

ここからはいよいよサーバーの設定に入ります。
ややこしいですが、特に難しくはないです。

 

やる設定は大きく分けて2つ!

 

『お名前.com側のドメイン設定』と、『エックスサーバー側の設定』です。

 

お名前.comの設定

 

 

この設定ではドメインとサーバーを紐づけします。
契約しただけでお互い存在はしてるけど、手と手を繋げていない状態のドメイン君とサーバーちゃんの手と手をつないで連携を取れるようにするということです。

ということで、お名前.comにアクセスします。

ログインしたらドメイン一覧をクリックして、自分のドメインを見つけます。
見つけたらネームサーバーの所の『初期設定』を選択。

 

 

そして『他のネームサーバーを利用』を選択します。
その他は触らなくてOKです!
そして下の図に書いてあるように入力します。

 

 

このまま丸パクリでOKです。
入力ができたら内容確認して登録を完成させます。

お名前.comにも記載があるように反映まで時間がかかるので首を長くして待ちましょう。長いと24時間ほどかかる時もあります。

 

エックスサーバーの設定

 

サーバー側にも同じように設定が必要なので続いてやっていきます。

まずはエックスサーバーを開いて、ログインします。
ログインはサーバーパネルにログインなのでお間違えなく・・・
さらにサーバーIDと会員IDは違うのでご注意を。(メールに書いてあります。)

 



ログインしたらドメイン設定をクリック、その後、ドメイン設定の追加をクリックします。

 

 

ドメインを入力し、『SSL』と『Xアクセラレータ』の2つにチェックを付けて設定します。
特にお金はかかりませんし、優秀な性能なので迷わずチェックです。


そしてもう一つここでやることがあります。それがSSLの設定です。

 

SSL設定

 

 

 

SSL設定とは、自分のドメインの『Http』の部分を『Https』にする作業のことです。
この設定をしておくことで自分のサイトは安全だとグーグルに伝えることができます。すぐできるのでやっておきましょう。(SEO的にも大切です。)

方法は、一度サーバーパネルに戻ってSSL設定を選択します。
その後は独自SSLの設定追加を選択します。
サイトの情報が確認できたら『追加する』をクリックです。

こちらも反映まで時間がかかるので気長に待ちましょう。
これでサーバー側の設定は完了です。

 

Advertisement

③ ワードプレスのインストール

 

 

ここまできたらようやくワードプレスをインストールします。あともう少しです!

 

 

インストールをクリックして、

 

 

WordPressのインストールを選択して必要事項を入力します。
サイトURLは特にいじらなくてOK。
ブログ名は決まっていればそれを書いていきましょう。
変更は後からでもできるので、安心してください。

その他項目も入力します。
キャッシュとデータベースはそれぞれ『ON』と『生成する』にしておきます。

最後に間違いがないか確認してからインストールします。
後は自動でインストールしてくれます。

これでインストールは完了です。


【サイトを引き継ぎたい場合】

ここからはサイトの引っ越しを考えている方むけです。

それ以外の方は次の項目まで読み飛ばしちゃってください。
他のブログからワードプレスにお引越しを考えている方は一つ注意が必要です。

エックスサーバーにはブログをお引越しができるような環境も整っていて、やろうと思えば簡単に引っ越しができます。
ですが、ぼくはこれはあまりおススメしません。

それは引っ越しをしても元のブログがネット上に存在しているためです。
記事の引っ越しができても元のサイトの情報が訂正されるまでに相当な時間がかかります。

何がまずいかというと…
記事が重複してしまうということです。

 

・ワードプレスにも同じ記事がある。

・前のサイトにも同じ記事がある。

 

とグーグルが発見してしまうと、ブログの信頼度が一気に下がることがあります。

ワードプレスを使用しようとしている人は収益化を目指している人が多いと思うので、信頼が下がることはあまり無視できません。


そこで僕がおススメなのは、元のブログとワードプレス両方にリンクを貼ってブログを繋ぐ方法をおススメします。
こうすれば以前ブログを読んでくれていた人は新しいブログを見つけれるし、新しいブログから来た人は昔にさかのぼれる。
固定ページを作れたり、トップページを固定できたりする機能がワードプレスにはあります。

なのでそこもうまく活用してリンクを貼ってみるといいですね。

他の方法としては、昔のブログをNoindexにすれば検索で重複しないようにすることもできます。
ワードプレスにお引越しする方は要注意です。

 

ここがポイント!

他サイトの記事をワードプレスにブログを移行するときは重複に注意。

 

④ テーマの購入

 

 

ここまできたら次はテーマを購入します。
テーマとは、ワードプレスのデザインのことです。いろんなブログを見るとかっこいいデザインのブログをよく見かけますよね?

それを今から決めていきます。

『え、まだお金かかるの?』

と思う人もいるかと思いますが、大丈夫です。無料のテーマもたくさんあり、結構かっこいいです。
もちろん有料テーマはさらにかっこいいです。

『wordpress  テーマ』

で検索したらいっぱい出てきます。
お気に入りのテーマが見つかったらダウンロードしましょう。

ダウンロードしたらワードプレスにログイン。

 

テーマを設定する

 

 

ダッシュボードの外観からテーマに飛んでいき、新規追加をクリック。
ここで先ほどダウンロードしたテーマを選んでアップロードします。

そしたら完了です。
ついでに子テーマがある場合はセットでダウンロードしておきましょう。

基本的には子テーマをいじります。

なぜかというと・・・

親テーマをどんどんカスタムしていくことも可能ですが、テーマのアップデートが来た時に基本的に親テーマは全てフォーマットされてしまい、自分がカスタムした内容が全て白紙になってしまうからです。

子テーマならその影響がないのでこちらをいじっていきます。


無料テーマの中には子テーマが設定していないものもあるので注意が必要です。
ではダウンロードできたら最後、細かい設定に移りましょう。

 

Advertisement

⑤ 各種設定

 

 

ここまできたら最後のひと踏ん張りです。
最後に細かな設定をしていきます。

 

・自分で固定のページを作る

・プラグインを入れる

・プロフィール文を変える

・ブログのタイトルを記入する

 

などをします。
固定ページは少なくても、『お問い合わせ』と『プライバシーポリシー』のページは作りましょう。

理由は、収益化には必須だからです。
もし余力があれば、自分のプロフィールの固定ページも作っておくといいです。将来そこから仕事がやってくる可能性が考えられるので。

そして、プロフィールやブログタイトルなどの細かい部分を整えて終了です。
お疲れさまでした!

他にもサーチコンソールやアナリティクス導入がありますがここでは触れません。

個人的にはプラグインをどれいれるかが悩みどころかなと思いますが、正直自分の好きなものを入れるといいかなと思います。

しかし入れすぎると、サイトの速度が遅くなるので10個以下くらいにとどめておきましょう。

 

ここがポイント!

① 収益化に『お問い合わせ』と『プライバシーポリシー』は必須

② プラグインの入れすぎに注意。入れるなら10個まで

 

まとめ

 

 

ワードプレスの設定はめんどくさいですが、だれでもできます。

ドメインを買い・サーバーを契約し・各種設定を行い・テーマとワードプレスをダウンロード、そしてプロフィール書いたり、プラグインを導入したりとやることは多いですが難しくはありません。

ワードプレスは他の無料ブログに比べて、圧倒的にカスタマイズができるのが一番大きなポイントです。
プラグインを活用したり、プログラミングを覚えてサイトを設定してみたり、いろいろいじれます。

自分だけのオリジナルページを創っていきましょう!
とても勉強になります!

ではでは今日はこの辺りでアデユー(-ω-)/


ブログの作り方カテゴリの最新記事